2月3日は、すぎのこ保育園で節分の集いがありました。

ホールにみんなであつまり、豆まきはどうして行うのかなぁ~?

DSC08133

由来のお話を聞きながら、『おにはそとー』という紙芝居をみました。

お友達の心の中にねぼすけ鬼がいたり、怒りんぼ鬼がいたり、泣き虫鬼がいて、

みんなで豆まきをして、退治をするというお話でした。

何度も「鬼はそとー 福はうちー」と豆を投げる練習もしました!

豆まきの歌も大きな声でうたえましたよ♪

DSC08141

集会の後は、みんなが各クラスで作った鬼のお面や三方を紹介してもらいました。

一度、お部屋へ戻りトイレを済ませたら、幼児クラスさんは、年の数だけ炒り豆を食べ

豆まきの準備をしました。

~~その頃、赤鬼さんと青鬼さんは……はな組さん・にじ組さんのお部屋に行き、おともだちに会いに行っていました~~

DSC08152

DSC08154

そのあとは、太鼓の音とともにホールで待っているゆき組さん、ほし組さん、もり組さん、そら組さんの所へ鬼が登場しました!

DSC08168

泣きながらも豆を投げるお友達もいれば、果敢に立ち向かってくるお友達もいてにぎやかな節分になりました。

すぎのこ保育園のお友達の心の中のやっつけたい鬼もきっと逃げ出していったのではないでしょうか!?